美味しい青汁はどれだ!?青汁に使われる原材料の種類と特徴

青汁の原材料の種類について

青汁の原材料
青汁には様々な原材料が使われます。そのそれぞれに特徴があって、見てみると結構面白いのです。また、ただ面白いというだけでなく、原材料ごとの栄養素を知っておくことは、自分の体調についての悩みを解決してくれそうな青汁を探すことにも役立ちます。

というわけでこの記事では青汁に使われる植物、野菜などをいくつかご紹介いたしますので、これから青汁を飲もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ケール

ケールはアブラナ科の野菜で、非常に栄養価が高いことで知られています。食物繊維はもちろん、ビタミンA、C、Eなどの抗酸化ビタミンやカルシウム、β-カロテン、ミネラル、葉酸、たんぱく質など、ありとあらゆる栄養素が含まれており、「野菜の王様」とも言われます。このケールを原材料として作られた青汁は非常に多いです。しかし苦みが強く、ケール単体でつくられた青汁は、まずくて飲み続けるのが難しいという短所もあります。

最近ではこのケールに大麦若葉や明日葉、茶葉などをブレンドし、さらにレモンやハチミツなどで味付けした青汁が多いですね。美味しくて栄養価が高い青汁が増えてきているのです。

大麦若葉

大麦若葉とは、イネ科植物「大麦」の若い葉の部分のことです。美味しいと言われる青汁のほとんどが、この大麦若葉を原材料に使っています。これ単体で青汁がつくられることはそう多くはありませんが、大麦若葉を主原料とした青汁は、本当にお茶のような味がして美味しいと評判です。

名前からして美味しそう、というのは冗談ですけれども、どの青汁を買うか迷ったときには、大麦若葉を主原料とする青汁を選べば、味にがっかりすることはほぼありません。ぜひ覚えておいてくださいね。

明日葉

明日葉はセリ科シシウド属の植物です。癖の強い味で知られていますが、その道に精通した料理人が調理を行うと、ものすごく美味しい料理に変身するという、「通」好みの野草といえるでしょう。便秘防止や利尿・高血圧予防・強壮作用があるとされ、ビタミンやミネラルも豊富です。最近ではこの明日葉を原材料とする青汁もかなり多いですね。

味は、先ほど申し上げましたように癖が強いので、明日葉単体で青汁がつくられることはほとんどありません。大麦若葉とブレンドするというパターンが多いように見受けられます。明日葉を原料とする青汁は、ケールのそれと同様、栄養価がきわめて高いと覚えておかれると良いでしょう。

緑茶

茶葉に水を注げば、それはもうお茶ですけれども、緑茶は青汁をより美味しくするための補助的な材料として用いられることが多いです。たとえば「青汁緑茶【心】」などがそうですね。大麦若葉という飲みやすい青汁に、緑茶をプラスすることによって、それこそお茶のように美味しく飲める青汁が完成するのです。また、お茶風味の青汁は、ミルクに混ぜたり、お酒に入れたりと色んな楽しみ方ができます。お茶が好きという方にはおすすめですね。

海藻

びっくりされるかもしれませんが、今は海藻を主原料とする青汁も存在します。「海藻青汁ゴールド」や「海藻青汁『海宝』」、「海の恵 海藻青汁」などがそうです。海藻はミネラル、ビタミンを豊富に含んでいるほか、海藻のあの「ぬるぬる」の正体である、フコイダンという特殊な食物繊維を有します。フコイダンには免疫力向上や、胃を守る機能、抗アレルギー効果などがあるとされており、サプリメントなどで積極的に摂取する方も少なくないようです。

海藻の青汁というと、どんな味がするのか興味が湧いてきますけれど、これはちょっと上級者向けといったほうがいいかもしれませんね。初心者がいきなり海藻青汁を飲むのはちょっと冒険でしょう。

以上、青汁の原材料について色々と見てきました。この他にもたくさん、青汁には様々な植物が用いられています。その植物の成分については、商品の紹介ページに書かれていることがほとんどですから、購入前にざっと確認してみてくださいね。