SIM単体契約と端末セットを自由に選べる格安SIMに乗り換えよう

自由に選べる格安SIM
通信回線の方式が、従来はdocomoとSoftBankは同じでしたが、KDDIのみ異なっていました。このため、日本国内ではSIMロック端末が主流となったことで、携帯電話料金が高止まりしていたことは事実です。

総務省によりSIMロック解除が義務化されたことで、一定の条件下でSIMロック解除が行えるようになりました。

しかし、大手携帯電話会社から販売されているスマートフォンは、自社回線を契約する前提で作られているので、格安SIMへ切り替える際には下調べを行なう必要があります。

格安SIMの多くは、docomo回線を借りて運営しているので、docomoのLTE端末ならばスマートフォンはそのままで格安SIMへ乗り換えられるケースが多いです。

しかし、SIMロック解除が義務化される以前から販売されているモデルについては、SIMロック解除を行ってもテザリング機能については利用できないことが多いです。

なぜなら、APN設定で変更出来る設定は、接続先設定のみであってテザリング接続先について設定変更出来る項目が最初から用意されていなかったからです。

格安SIMはSIM単体契約が出来るので、回線契約と端末購入を完全に分離出来るメリットがあります。しかし、テザリングを必ず使う予定があるならば、端末セット契約も選択肢に入れると良いでしょう。

格安SIMを提供している会社では、SIMフリー端末の中から動作確認が取れている機種をセット販売しています。

分割払いを希望する際には、別途信販会社との契約が必要となるものの、楽天モバイルのように音声付きプランで契約期間の縛りを2年や3年と長くすることにより、端末価格を割引販売する手法を採用している格安SIMが登場しています。

格安simを比較してみました!

SIMフリー端末は、性能に見合った値付けがされているので、エントリーモデルからミッドレンジ・ハイエンド機種とスマートフォン価格が1万円台から5万円超えまで様々です。

動作確認済みのSIMフリー端末を選べるようになったことは、格安SIMへの本格的な乗り換えをしやすくなったと言えるでしょう。